活躍インタビュー

鈴木あけみ

東京本部丸の内校 認定講師
発酵ライフアドバイザープロフェッショナル

お仕事や活動について

発酵ライフアドバイザープロフェッショナル取得後の今、どのようなお仕事や活動をしていますか?

30年務めたアパレルメーカーを退職し、発酵ライフ推進協会の認定講師として活動しています。まずは大好きな甘酒の講師からデビューし、その後、自分で考えたワークショップも協会内で開催しています。
その他、発酵つながりで、にんべんの「だしアンバサダー」の活動の中で鰹節の魅力、活用方法を伝える講師部にも所属しています。

資格の活かし方

資格を取得する前とした後では、生活がどのように変化しましたか?

発酵を勉強する前は苦手だった夕飯の準備がとても楽になり、しかも楽しくなりました。自分がめんどくさいと思っていた経験があるからこそ、簡単に始められる発酵ライフのポイントを、自分の失敗談を交えながら多くの方にお伝えしていくことが、私の使命だと思っています。

資格を取得してよかったこと

発酵ライフ推進協会で発酵ライフアドバイザープロフェッショナルを取得してよかったことはなんですか?

3つあります。

  1. 同じ志を持つ仲間に出会えた事。このことは、今の私の一番の支えになっています。
  2. 『伝わったことが伝えたこと』の意味が理解できるようになった事。特に発酵ライフアドバイザープロフェッショナル養成講座の第6回~8回の講座内容は自分を見つめ直す良い時間になりました。
  3. 楽に続けられるものを提案していくうちに、自分も無理をしなくなりました。「発酵ライフは案外身近にあるのですね!」と共感頂くことも増えてきました。

top▲