協会の想い

あなたらしい「発酵」

あなたの「発酵ライフ」始めませんか?
当協会では、あなたのライフスタイルに応じた発酵をサポート致します。

「楽しむ」毎日の生活に発酵食品を取り入れ、より豊かなライフタイルを作り上げたい「あなた」
「学ぶ」発酵を理論的に学ぶことにより、「背景の見える食」作り、「理解して食べる」ことを大切にしたい「あなた」
「活躍する」あなたのライフスタイルを多くの方に伝え、「発酵のすばらしさ」を広めたい「あなた」

発酵とは「新しい何かが生まれること」。
発酵というエッセンスを取り入れ、新しい自分を発見するお手伝いを致します。

これからの「発酵」

味噌や醤油、酢など、日本人の食生活は「発酵」と共に歩んできました。
発酵により日本の味が作られていると言っても過言ではありません。
その素晴らしい発酵を、当協会では現代人の忙しいライフスタイルに合った、簡単で時短の「発酵」調理や賢い発酵食品の選び方など、誰でも楽しく続けることのできる「発酵ライフ」を提案します。

発酵ライフ推進協会は 「発酵」を通じて、輝く人たちを応援します。

代表挨拶

「発酵を楽しみ!学び!活躍する!」

こんにちは。発酵ライフ推進協会 代表の是友麻希です。
この度は、当協会のホームページにご訪問いただき、ありがとうございます。

昨今、健康ブームと共に発酵食が話題となっています。確かに発酵には健康によい効果が沢山あります。

しかし、健康によいから発酵食を取り入れる、という想いだけでは、長続きしません。発酵食は美味しく、そして発酵を取り入れた生活は、簡単に始めることができ、楽しいのです。
そして、何より、
発酵食は見た目もキレイなんです。「茶色っぽい」ものばかりが発酵食ではありません。
現代人のライフスタイルに合った、「美味しくて、簡単で、楽しく、美しい」発酵食をもっと広めていきたい!
そんな想いで平成27年8月5日【発酵の日】に当協会を発足致しました。

もう一つ協会を立ち上げた大きな理由があります。
私は、15年以上、食に関する仕事に従事する中で、発酵に限らず数々の資格を取得してまいりました。

資格を取りさえすれば、仕事の幅が広がり、活躍できると思っていましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。
せっかくお金をかけて取得した資格が単なる自己満足に終わってしまう。
では、きちんと活かすためにはどのようにしたらいいのか?
そこで長年の私自身の経験を元に、本当に活かせる「学び」と、それを活かして活躍できる場所作りをしたいと、当協会を発足致しました。

「活かす」というのは、仕事に限ったことではありません。
「日々の生活に活かす」「家族のために知識を活かす」「自分の健康に活かす」など、学んだ知識をきちんと自分のものとして習得し、活用できる発酵ライフの楽しみ方をご提案します。

発酵を楽しみ!学び!活躍する!

現代人にあった「新しい発酵ライフ」を皆様と一緒に作り上げながら、より充実した発酵ライフを送りたいと想っています。発酵ライフ推進協会を、どうぞよろしくお願いいたします。

是友麻希(これとも まき)

発酵ライフ推進協会 代表
料理研究家
発酵食文化研究家の第一人者として活躍。
大学時代には日本史学部にて「日本食文化」研究に勤しみ、卒業後、「銀座すしもと」にて修業。日本料理と魚料理の基礎を学ぶ。
2005年より魚専門料理教室「Ristorante我が家」を主宰し、生徒数3000人を超える予約の取れない料理教室として多数メディアに出演。地域特産品開発アドバイザーとして新商品・レシピの開発支援に力を注ぎ、全国で講演会やセミナーを多数開催。「cheeza」(江崎グリコ)や「まる」CM料理(白鶴酒造)などの開発に関わる。2017年5月、東京丸の内にて、発酵と魚の飲食店「にっぽんのひとさら」をオープン。一般社団法人さかなの学校代表理事。

<書著>
「今日の発酵食ごはん」(ワニブックス)、「フライパンひとつで魚料理」(池田書店)しっかり食べても美しくやせるハリー式ダイエット・レシピ」(PHP研究所)、「うま味レシピ」(日東書院)、「酵素いきいき生甘酒」(主婦の友社)「凍り野菜レシピ」(池田書店)、「お料理教室をはじめたい!」(成美堂出版)、「おいしく楽しく通いたくなる料理教室」(GAPジャパン)、「笠原将弘のかんたん和ごはん」(小学館)調理補佐、「コツまみ」(池田書店)フードコーディネート、「サロネーゼになりませんか?」(祥伝社)

協会概要

名称:発酵ライフ推進協会(運営:株式会社フードマイニング
設立:2017年8月5日
代表:是友 麻希
所在地:東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビルB1Fにっぽんのひとさら内 [map]
TEL:03-6260-8405
Mail:info@hakkolife.com

top▲