Author Archives: 発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

About 発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

【資格取得者の活躍】暮らしの発酵日々サイトにももいさんレシピ掲載

投稿日:2022.01.07 カテゴリー:メディア

【発酵ライフアドバイザー資格取得者のお仕事】~レシピ提供編~

暮らしの発酵さんとの月1レシピ企画!

池尻大橋校 発酵ライフアドバイザーPRO.ももいもけこさんの「リンゴとナッツの発酵サラダ」が暮らしの発酵webサイトに掲載されました。

レシピを見る>>

<レシピ提供>

池尻大橋校 発酵ライフアドバイザーPRO. ももいもけこ

毎食に加えて、毎日作る家族のおべんとうにも発酵は欠かせません。
美味しくて身体に優しい、作る楽しみも味わえる発酵ライフを皆様もぜひ!


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

沖縄の発酵が面白い!

投稿日:2021.12.24 カテゴリー:発酵コラム

日本でも観光リゾートとしてのイメージが定着している、沖縄

その沖縄の発酵文化、実は特徴的で大変興味深いものが多いのを、ご存知でしょうか。

地理的な関係で、中国大陸からの影響も受けながら、高温多湿な環境で、独自の発酵文化が広まったと考えられています。

まず特筆すべきは、泡盛。
黒麹菌(アスペルギルスリュウチュウエンシス)という、黒い麹菌を使って醸す蒸留酒で、タイ米を使用するという点でもユニークです。
高温多湿な沖縄の環境下で、他の雑菌に侵されることのないよう、クエン酸を生成しながら発酵することも大きな特徴です。
本州で暖かい季節に日本酒を造れば腐りますが、沖縄では黒麹菌のおかげで一年中、泡盛を造ることができます。
副産物としての「もろみ酢」は、古くから、健康飲料として県民に親しまれています。
黒麹菌は現在、世界無形文化遺産登録の運動が続けられています。
黒麹
(泡盛醸造過程)

それから、かつて琉球王朝時代、宮廷料理として並んでいたという、豆腐よう。
島豆腐を、米麹、泡盛、紅麹で発酵させたもので、島酒(泡盛)のおつまみにかかせません。

紅麹 水切り豆腐
(紅麹)

そもそも、発酵微生物たちが好むのは、25℃前後の気温であり、
温暖な沖縄の気校は、微生物たちにとってはパラダイスですね。

そんな、沖縄の発酵食文化にも触れつつ、観光要素も、美味しいものも、ふんだんに取り入れた沖縄ツアーが、2022年2月に開催されます。

ツアーに同行するのは、当協会代表の是友麻希!

定番の、泡盛蔵見学をはじめ、やちむん(沖縄の焼き物)の里へ出かけたり、楽しい企画が目白押し!

定置網の漁船に乗って、漁師さんと一緒に漁体験をし、さらに採れたての魚を船上で捌き、数種類の発酵調味料で食すのは、大満足間違いなしです。

夜景を楽しみながら、イギリス人チーズ職人に話を聞きながら、ワインとオキナワンチーズのマリアージュを愉しむ会もあります。

宿泊は、発酵に特化した話題のホテル、「暮らしの発酵ライフスタイルリゾート」。
健康や環境のことが考え尽くされているこだわりのホテルで、是友麻希監修の発酵懐石もお楽しみいただけます。

先着10名のプライベートツアーとなっておりますので、皆様ご予約はお早めに!

【お申込み】

★飛行機付きプラン
https://www.tour-list.com/TL/?hc=oka20&attr=1626&Days=3&depAirDate=2022%2F02%2F11

★飛行機なしプラン
https://reserve.489ban.net/client/costavista/0/detail/536721
⇒日付をカレンダーから2月11日を選択ください。そのあと、一部屋の人数を入れてください。

【Q&A】

①飛行機あり、なしのプランがございます。ご自身のマイレージなどでいらっしゃる方は、そちらをご利用ください。
②飛行機あり、なしの差は、万が一GO TOトラベルが適用になった際に、飛行機ありプランしか、対象にならない可能性があります。(昨年はそうでした。)ただ、こればかりは、まったく分かりません。GO TOトラベルがスタートしない可能性もあります。
③飛行機付きプランをお申込みされる場合は、おススメ飛行機ではなく、集合時間に間に合う飛行機に変更してご予約ください。11日12時に那覇空港集合です。
④飛行機なしプランで申込される方は、ご自身で、必ず飛行機を早めにご予約ください。満席が増えてきております。
⑤二人部屋のほうが安価です。ご友人とご参加されるなどの場合は、パソコンで見ると、左側に検索条件がありますので、そこを2名1室にして、再検索してください。そして、2名分一緒にお申込みください。一人一人申し込むのではなく、二人分一緒にお申込みください。
⑥延泊や前泊をすると、飛行機が若干安くなり、取りやすくなると思います。
宿泊場所も延泊、前泊も承りますので、ご相談ください。前泊、延泊は、自由です。


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

酒粕を食べることが、SDGsの取り組みに!

投稿日:2021.12.23 カテゴリー:発酵コラム

現在、日本酒を製造する際、「酒粕」が産業廃棄物として年間約1,800トン排出されているのを御存知ですか?
甘酒や粕汁に使用されることはあるものの、そのほとんどが使用されずに捨てられているのが現状なのです。

酒粕とは、醪(もろみ)から日本酒を搾ることによって生まれる副産物のことを指します。
搾りかすとはいえ、酒粕には日本酒を造る過程で生まれた栄養素を豊富に含んでいるため、昔から様々な料理で活用されるなど重宝されてきました。

酒粕

酒粕に含まれる栄養は豊富で、なかには酒粕にしか含まれていない独自の健康成分もあります。
炭水化物のほか「レジスタントプロテイン」と呼ばれるタンパク質が含まれているのが特徴で、胃腸で消化されにくいという性質を持っているため、まるで食物繊維のような整腸作用があるのです。余分な脂肪の排出も助けてくれるため、ダイエット効果も期待できるほか、コレステロールを下げてくれる作用もあるといわれています。
また、発酵によってできたアミノ酸やビタミンが多く含まれているのも特徴的です。
ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、パントテン酸、ビタミンB6、αアミラーゼなど、枚挙に暇がありません。

SDGs

その酒粕を廃棄するのは、本当にもったいないことで、実は今、たくさんの企業が、この酒粕を捨てずに利用していく道を模索しています。

たとえば、酒粕クッキーや酒粕ケーキ。コクがある酒粕は、ヴィーガンの方がチーズの代用として使う場面も多くみられ、乳製品不使用の酒粕チーズケーキなども販売されていますね。また、産業廃棄物として処分される酒粕を再蒸留し、ジンを創ると共に循環経済を実現するプロジェクトなどもあるようです。
食品だけでなく、畜産における飼料や、農業における肥料としても、用途を広げている「酒粕の再利用」。

発酵が食品ロスや環境問題にプラスに働く社会がどんどん実現しているのは、大変うれしいことです!

ということで、当協会でも、酒粕の上手な活用法をお伝えすべく、日本酒蔵「仙醸」さんとコラボし、酒粕講座を全国一斉開催いたします。

【蔵イフ講座】長野の銘酒「仙醸」から学ぶ「酒粕万能調味料作り」 2022年1月22日(土)10:00~12:30

蔵見学&試食&酒粕万能調味料作り

「蔵」を生活に取り入れるライフスタイル=「蔵イフ」を体験してみませんか?

今回の蔵イフ体験は、長野県高遠にある黒松仙醸。

日本一の桜の名所として知られる信州高遠は、
古くから城下町として地域の政治経済の中心でした。

創業155年を迎えた歴史ある蔵である仙醸さんは
江戸時代から続く酒造りを通じて培った麹造りや発酵技術を生かして、
現代人の味覚やライフスタイルに合わせた新しいお酒や、
米発酵食品を生み出し続けています。

今回注目する米発酵食品は「酒粕」
この「酒粕」は「カス」と呼ぶには申し訳ないくらいの健康効果が
今、大注目なんです。

酒粕に含まれるビタミンB群や不溶性食物繊維、その他
発酵によって生まれた成分が600種類以上そうです。
美肌や、ダイエット、代謝アップなど様々な効果が期待できそう。

さて、そんな酒粕ですが、実は、種類があることをご存じでしょうか?

板状になった「板粕」は一般的ですが、寝かせて柔らかくした「練粕」
板にならなかった部分の「バラ粕」。
さらに、お酒の種類によっても、普通酒の酒粕、吟醸酒の酒粕と様々。

これらは、当然種類によっても味わいが異なり、活用方法も異なります。

仙醸の酒粕の味わいに惚れ込んだ当協会代表の是友麻希が、
どうやったらこの味わいが出来上がるのか、そもそも酒粕ってどうやってつくられるのか、一般公開されていない情報まで聞き出しちゃう特別講座です。

お米の磨き方、温度などのマニアックな㊙情報から、
蔵の歴史や先祖代々伝わる蔵の思い出話など、
まるで実際に蔵見学をしているかのよう。

最後は、酒粕を使った絶品「酒粕万能調味料」を仕込んでお持ち帰りしていただきます。

是非「仙醸の麹」を生活に取り入れる「蔵イフ」体験してみませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。

〈講座内容〉
①蔵見学
オンラインにて、当協会代表の是友と仙醸 代表の黒河内社長が蔵の中をご案内。
普段は入ることの出来ない麹室見学や、蔵人さんの㊙開発秘話も必見!
②実習~酒粕万能調味料~
③オンライン質問会~蔵人さんに直接聞いてみよう!
④試食

 

〈各校のお申込みはこちら〉

●東京支部池尻大橋校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10818

愛知支部名古屋校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10823

●静岡支部浜松校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10825

●沖縄支部暮らしの発酵ライフスタイルリゾート校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10827

●北海道支部札幌校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10824


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

「みりん」と「砂糖」の違い

投稿日:2021.12.22 カテゴリー:発酵コラム

日本食には欠かせない調味料、みりん。

甘みやうまみを引き出す名脇役ですが、お砂糖との違いって、ご存じでしょうか?

砂糖はしっかりとした直接的な甘さ、みりんは柔らかい甘さ…というと、わかりやすいですね。
みりんの甘み成分の7,8割はブドウ糖ですが、残りはオリゴ糖など複数の糖類からなる甘みで味が構成されています。
対して、砂糖は、植物が光合成によって作り出すショ糖から甘みが作られています。
(砂糖の「糖度」は、「ショ糖」という成分の割合のことで、糖度が高いほどショ糖が多くなります。)

その違いは、砂糖の成分が甘みを強く感じるショ糖なのに対し、本みりんに入っているブドウ糖やオリゴなどの糖類は、どれも甘みが柔らかいので、その分、料理がまろやかで上品な仕上がりになる、というわけです。

また、照りやツヤの出方も異なります。
砂糖の場合だと十分な照りが出る前に焦げてしまう可能性もありますね。
砂糖に比べてみりんはカロリーがやや低めで血糖値の上昇が緩やかなのもポイントです。
ただしみりんの甘さは砂糖より控えめで、砂糖の半分以下の甘さのため、甘さを求めて入れすぎないよう注意しましょう。
また発酵調味料(みりんタイプ)の場合は塩分が含まれていますので、味付けに塩分調整が必要です。

本みりんは、もち米、米こうじ、醸造アルコール(または焼酎)を仕込んだもろみを、ゆっくりと熟成させた後、搾ってできる酒類です。 熟成期間中に作られた多種多様な成分を含む本みりんには、さまざまな調理効果があります。

味の浸透をよくする
煮崩れを防ぐ
臭みを消す
照りやツヤを出す

などの調理効果が主なものです。
最近では、美容や健康にうれしい効果もわかってきています。

そんなみりんを手作りしてみませんか?
難しそうに感じるかもしれませんが、自分で仕込むみりんは、また格段と美味しいんです!

発酵ライフ推進協会では、本みりん風調味料の講座も全国で開講予定!

本みりん風発酵調味料作り

自家製発酵調味料好き必見!!

本みりん風発酵調味料づくりに挑戦してみませんか?

完成までに時間はかかりますが、実は本みりん作りってとってもカンタン!

本みりんはもち米・米麹・アルコールのみで発酵させたもの。
みりん風調味料は糖類や酸味料、塩などを混ぜてつくったもの。

つまり、本みりんのあの甘さは、砂糖などの甘さを加えたものではなく、
お米の甘さを発酵のチカラで引き出したものなんです!

本みりんの中でも、アルコールに米焼酎や粕取り焼酎を使っているものは
まさに原材料が米だけ!!
これらは「純米本みりん」と呼ばれています。

しかーし!みりんを自分で作ることは、酒税法に違反してしまいます。
今回は、本みりんと同じように発酵のチカラで甘さを出しつつ、
税法にも違反しない、本みりん風発酵調味料づくりを行います。

色々なみりんの味比べや、みりんランチもお楽しみいただけます。

〈各校のお申込みはこちら〉
●東京支部池尻大橋校 1/23
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10803

愛知支部名古屋校 1/10
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10808

●中部支部広島校 1/23
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10810

●沖縄支部暮らしの発酵ライフスタイルリゾート校 1/19
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10811

●北海道支部札幌校 1/18
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10809


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

ヘルシー発酵焼き肉ダレ♪

投稿日:2021.11.18 カテゴリー:発酵料理レシピ集

発酵ライフ推進協会オリジナル商品の発酵だれを活用して、
おうちにいながらヘルシーな焼肉を楽しみませんか?
焼肉以外にも美味しい使い方がたくさん!!
是非普段の生活にも気軽に発酵を取り入れてみてくださいね。
発酵ライフ推進協会オリジナルの発酵だれは3種類
 ◎香味醤油味
 ◎にんにく醤油味
 ◎漁師の万能たれ

ノンオイル!ノン添加物!なのでとってもヘルシー💗

★焼肉ダレの使い方
◎香味醤油味
 生のお肉を適量のタレにもみ込んで♬(肉200gに対し小さじ1程度)
 ※焦げやすいのでご注意ください
 もちろん、つけダレとしても美味しく召し上がれます
◎にんにく味噌味
 焼きあがったお肉をサンチュにくるみ、つけダレとして
◎漁師の万能たれ
 魚介(エビ、ほたて、いかなどおススメです!)を適量のタレにもみ込んでから焼いてください
 ※焦げやすいのでご注意ください
★おススメレシピ
◎香味醤油味
 冷ややっこ
 卵かけごはん
 キャベツ炒め
 練りごまと1:1で混ぜて棒棒鶏のタレに
 焼いた厚揚げに乗せて
 ご飯・納豆・温玉の上に
 鶏肉のミンチをタレとみりんで炒めて、すりごまパラパラで肉味噌(レタスで包む、麺に乗せる)
 バゲットの上にチーズとタレを乗せてトースターで焼く
 玉ねぎ・マグロ・温玉・タレを混ぜてユッケ風
 料理酒をかけてレンジでチンした鶏ささみにかけて
 お刺身のぶつ切りにごま油とタレをあえてご飯にのせればハワイのお手軽ポケ丼
 ゆでブロッコリー、ワカメ、オニオンスライスにかけて食物繊維たっぷりサラダ
◎にんにく味噌味
 お湯に溶いて、にんにく味噌スープ
 ナスと豚肉のにんにく味噌炒め
 餃子の味噌ダレ
 味噌なべの素
 味噌マヨキュウリ(味噌とマヨネーズを1:1で混ぜる)
 ゆでたまごの味噌漬け(重量の10%くらいの味噌につける)
 にんにく味噌キンピラ(ごま油で炒めた後、にんにく味噌のみで味付け)
 釜たまうどん(茹でたうどんに、にんにく味噌・刻んだネギ・卵黄)
 トマト味噌シチュー(具材を炒め、刻んだトマト又はトマト缶+味噌で煮込む)
 きのこのにんにく味噌炒め
 しいたけのにんにく味噌炒め
 ガーリックトースト(バゲットににんにく味噌を塗って)
 にんにく味噌チャーハン
 もやしとラム肉を炒めてお手軽ジンギスカン
 ふかしたじゃがいもにかけてバターを添える
◎漁師の万能たれ
 オリーブオイルで炒めたキャベツと合わせてパスタに
 ホワイトソースやクリームシチューの隠し味に
 海鮮鍋のスープに
 お蕎麦のつけ汁のアクセントに

みなさんの発酵ライフを応援します♫


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

キムチって一体何種類あるの?

投稿日:2021.11.07 カテゴリー:発酵コラム

これからの時期にうれしい発酵食品といえば、キムチ
善玉菌で代謝アップ、新陳代謝が促進され、必然的に冷えも改善すると言われています。

本来キムチは冬の少し前に漬け始め、雪の下でじっくりと熟成させる保存食でした。
厳寒期の朝鮮半島で、塩漬けした野菜にサンショウやニンニクなどの香辛料が付け加えられるようになったものが原型と言われており、16世紀ごろ日本からに唐辛子が朝鮮半島に広まったことを機に、サンショウの代用品に、加工や栽培が比較的簡単な唐辛子が使われるようになったのです。
なんと!キムチのルーツが日本にも関係していたとは驚きですよね。

さて、そのキムチ、どのくらいの種類があるかご存知ですか?
その数は100とも200ともいわれています。
トマトまるごとキムチや、ラフランスのキムチ、梅干しのキムチまで、ありとあらゆるものがキムチになっています。

<代表的なキムチ>

センキムチ(생김치)
王道の白菜キムチ!常備菜として食べられる熟成があまり進んでないキムチです。

コッチョリ(겉절이)
チョレギともいい、白菜やレタスなどの野菜を塩で浅漬けや塩揉み、もしくはカットのみで、唐辛子の入ったタレで和えた浅漬けキムチです。

ムグンジ(묵은지)
漬けてから長時間経った古漬けキムチ。そのまま食べるには酸味が強すぎるため、煮物や鍋料理などに活用されます。

大根キムチ(カットゥギ、깍두기)
いわゆるカクテキ。角切り大根で作るキムチ。

かぶら大根のキムチ(チョンガッキムチ、총각김치)
長さ10cm程度の小さな大根を丸ごと漬けたキムチ。

きゅうりキムチ(オイキムチ、오이김치)
きゅうりに十字の切り込みを入れ、にらやねぎで作った薬味をたっぷり詰め込んで作る具沢山のキムチ。

大根葉のキムチ(ヨルムキムチ、열무김치)
ヨルムと呼ばれる根が大きく生育する前の間引き大根で漬けるキムチ。

白キムチ(ペッキムチ、백김치)
唐辛子を使わないあっさり味のキムチ。韓国ではメジャーなキムチの一つです。

トンチミ(동치미)
いわゆる水キムチ。
丸ごと、または大きめに切った大根を塩水に漬け、熟成させた水キムチの一種。

ねぎキムチ(パキムチ、파김치)
青ねぎの一種であるわけぎ(チョッパ)を唐辛子粉や塩辛、にんにくなどで作った薬味で漬けたキムチ。

からし菜のキムチ(カッキムチ、갓김치)
やわらかい葉とツンとくる独特の香りが特徴のからし菜(カッ)のキムチ。

エゴマの葉キムチ(ケンニッキムチ、깻잎김치)
シソの葉に見た目がよく似たエゴマの葉(ケンニッ)で漬けたキムチ。独特の爽やかな香りとほろ苦さが特徴のエゴマの葉に、魚醤と唐辛子粉などで作った薬味を塗って熟成させます。

ポッサムキムチ(보쌈김치)
白菜で海鮮やナツメ、栗、梨、松の実などを贅沢に包んだキムチ。

イカキムチ(オジンオチョッカル、오장어 젓갈)
キムチ同様、唐辛子粉を加える作り方や真っ赤な見た目から、日本ではイカキムチの名前で知られていますが、実はキムチではなく「チョッカル(塩辛)」の一種。

—————————-

・・・と、ご紹介しきれないほど、多種多様なキムチの発酵の世界。
それぞれの素材と、発酵の加減で、無限のおいしさが広がっているのです!

まずは基本の白菜キムチとオイキムチ、学んでみませんか?

2021年11月開催講座
黄金比で作る本格「白菜キムチ」&「オイキムチ」

【ランチ】発酵スンドゥブチゲごはん付き

比率を覚えて、簡単、激ウマ、失敗知らず!!

一度覚えたら、何度でも作りたくなる黄金比のキムチをレクチャーします!

キムチの美味しさは、ヤンニョム(キムチの素)で決まります。
これは、「辛味」:「塩味」:「うま味」の絶妙なバランスが決め手なんです。

その㊙レシピを教えちゃいます。

今回はさらに、発酵スンドゥブチゲごはんも作ります(レシピ付き)
絶品キムチランチをお楽しみに♪

キムチ

【講座内容】
1 講義:キムチって、どうやって発酵するの?
2、実習:白菜キムチ&オイキムチ作り
3、ランチ:発酵スンドゥブチゲごはん

〈各校のお申込みはこちら〉
●東京支部池尻大橋校 12/01
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10795

愛知支部名古屋校 12/14
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10761

静岡支部浜松校 12/02
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10762

●中部支部広島校 12/04
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10759


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

麹って、肌にもいいの?

投稿日:2021.10.19 カテゴリー:発酵コラム

発酵食品、そして麹が体に良いというのは定説になってきましたが、実は麹は、食べて体に良いだけでなく、
体の外側から取り入れても、うれしい効果があるのです。

最近の研究で、麹(コウジカビ)が肌を綺麗にするメカニズムが解明されてきました。
そう、麹はカビです。カビで肌をきれいに・・・なんて、なんだかおもしろいですよね。

そんな麹は、たくさんの酵素を生成するのですが、それらに美肌の成分がたっぷり含まれているのです。

★メラニン合成の抑制
発酵時に麹カビが産生する「こうじ酸」は、メラニンの生成に関わるチロシナーゼの活動を抑制する働きがあります。
シミを薄くするなど肌を白くする効果が期待されます。

★セラミド産生増加
米麹に含まれる成分は、セラミド合成酵素(βグルコセレブロシダーゼ)を活性化し、角質層でのセラミド量を増やします。
肌の水分量を保ち、乾燥による肌荒れから肌を守る効果が期待されます。

NMF
麹カビに含まれるアミノ酸には肌の保湿に関わるNMFというものが含まれ、角質細胞内の水分を保持します。

この例はほんの一部ですが、まだまだ解明されていない効果もきっとたくさんあるのでは?と期待してしまいます。

そんな「麹」を使って、化粧品を手作りする講座が12月12日(日)に全国一斉開催します。

天然素材100%、オーガニックのもので、食べても大丈夫な化粧品!?を、ぜひ作ってみませんか?

麹 肌 

〈各校のお申込みはこちら〉
●東京支部池尻大橋校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10781

●北海道支部札幌校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10784

愛知支部名古屋校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10782

●中部支部広島校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10783

●沖縄支部暮らしの発酵ライフスタイルリゾート校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10777

 


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

醤油で醤油を仕込む!?再仕込み醬油とは

投稿日:2021.09.27 カテゴリー:発酵コラム

みなさん、醤油の”使い分け”をしていますか?
一口に「醤油」といっても、その種類は様々。JAS規格によると醤油は5つに分類されます。
・濃口醤油 こいくちしょうゆ
・淡口醤油 うすくちしょうゆ
・再仕込醤油 さいしこみしょうゆ
・溜醤油 たまりしょうゆ
・白醤油 しろしょうゆ
この5つ!これらは材料の比率や製法によって分類されているのですが、これらを料理によって使い分けることで、味が格段に変わってくるんです。

流通する醤油の80%を占めるのは、定番の濃口醤油なのですが、そのほかの醤油にも魅力がいっぱい!
発酵ライフアドバイザーの講座では、この辺りを、料理との相性も含めてかなりしっかり学びます。

中でも面白いのが、再仕込み醬油
なんと国内生産量は約1%!
再仕込み醤油は、普通の濃い口醤油に比べて熟成期間がとにかく長く、製造に2倍の時間ががかります。
原料も2倍の量が必要で、ぜいたくなお醤油です。
別名「甘露醤油」ともいわれ、色・味・香り共に濃厚で、とろみがあり、とにかくうまみがたっぷり。
なんといっても、再仕込み醬油で食べるお刺身、最高です!(※魚の種類によっても変わります)
寿司のつけ醤油、ドレッシングなどにも合います。

そんな再仕込み醤油を、伝説の「生揚げ醤油」を使って仕込むという、日本で唯一のお醤油作りが全国開催!

気になる方はぜひご参加ください!

2021年11月開催講座
伝説の醤油麹菌で仕込む「再仕込み醤油」

発酵プチごはん・レシピ付き!

伝説の「生揚げ醤油」を使って、
あの「再仕込み醤油」を再現してみませんか??

生揚げ醤油とは、
「加熱処理を一切しない、菌が生きている搾りたての生のお醤油」です。
これは一般には出回ることのない、本当に貴重なお醤油です。

その「生揚げ醤油」を使って仕込むお醤油を「再仕込み醤油」と言います。

今回は、伝説のお店の「生揚げ醤油」を使って、特別な「再仕込み醤油」を作ります。

それは、
当協会の代表 是友麻希が運営していた
東京丸の内の発酵料理屋「にっぽんのひとさら」の「生揚げ醤油」。
連日、満席で、予約のとれないお店として皆様にご愛好頂いておりましたが
コロナの影響により、残念ながら2020年2月末を持ちまして閉店致しました。

しかし、あの大人気のお客様の目の前で搾る「生揚げ醤油」の味わいは
絶やしたくない!!
そんな想いで、実はひそかに、今もあの味わいを絶やさないよう、
定期的に継ぎ足しながら作り続けています。

お店でも「販売してほしい!」との声が絶えなかった、伝説の醤油。

その貴重な、「生揚げ醤油」を、今回特別に、この講座を開催する各校にお分け致します。
日本で唯一のお醤油作りです。

仕込んだ醤油は、ご自宅に持ち帰り大切に育ててくださいね。

たくさんの方にご参加いただけますことを心よりお待ちしています。

【講座内容】
・講義:再仕込み醤油ってなに?
・特別講義:是友麻希「醤油と刺身の相性」
・実習:にっぽんのひとさら菌で仕込む醤油
・試食:お醤油とお刺身の味比べ

〈各校のお申込みはこちら〉
●東京支部池尻大橋校 11/21
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10752

●北海道支部札幌校 11/13
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10755

愛知支部名古屋校 11/10
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10754

静岡支部浜松校 11/6
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10757

●中部支部広島校 11/13
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10758

●沖縄支部暮らしの発酵ライフスタイルリゾート校 11/19
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10756


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

大豆を一切使わない?一日で完成?「甘栗みそ」が気になる!

投稿日:2021.09.21 カテゴリー:発酵コラム

通常、みそは、大豆から作られますが、実は大豆でなくてもみそを作ることは可能です。
「小豆みそ」「ひよこ豆みそ」など、いろいろ作っている方もいらっしゃいます。
沖縄ではそら豆で味噌を作っている地域もあります。
では、「豆」以外でもみそが作れるのでしょうか。
実は、可能です!
今回講座でもお伝えする「甘栗みそ」は、今までのみそつくりの概念を覆す、簡単で美味しいみそ。

詳しくは講座内でお伝えしますが、酵素の力で一日で発酵、その日のうちに、みそとしてお召し上がりいただけます。
全国で開催する、甘栗みそ講座、気になる方はぜひご参加ください!

秋が旬!甘栗みそ作り

「甘栗みそ」で作る「ほっこり秋ごはん」付き

秋の味覚、甘栗みそを作ってみませんか?

実は、栗には食物繊維や鉄分が多く含まれ、女性にはうれしい食材の一つ。
脂質も少なく、あっさりしているので、
和食はもちろんイタリアンなど、素材を活かす料理に向いています。

そして、スイーツにも合うんです。

今回は、
当協会オリジナルのお部屋も手も一切汚れない、
日本一カンタンな味噌の作り方で、
甘栗味噌作りにチャレンジします。

お1人で1樽を作ってお持ち帰りいただくだけでなく、
甘栗みその発酵メカニズムについてもお勉強。
甘栗みその発酵には「酵素」が関わってるんですよ。

この機会に、味噌作りも、発酵料理も学んでみませんか?

講座内容
①講義: 「甘栗みそは、どうやって発酵するの?」
②実習: 日本一簡単な甘栗みそ作り
③試食: 「甘栗みそ」で作る「ほっこり秋ごはん」
(レシピ付)

明日から、一緒に手作り味噌ライフを始めましょう。
沢山の皆様のお申し込みをお待ちしております。

〈各校のお申込みはこちら〉
●東京支部池尻大橋校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10741

●北海道支部札幌校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10740

愛知支部名古屋校
https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10731

静岡支部浜松校

https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10737

●中部支部広島校

https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10739


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者

松前漬けって発酵食品なの?

投稿日:2021.09.21 カテゴリー:発酵コラム

実は、松前漬けは海産物を発酵させて作る、立派な漬物、発酵食品です。
北海道が蝦夷地の頃からの代表的な漬物で、厳しい冬を越す為の保存食、いわば先人の生活の知恵から生まれた発酵食品です。
発酵することで互いの旨味が引き出され、昆布のぬめり、スルメの心地よい食感が、酒の肴やご飯の供として、いまでは日本中で大人気ですね。

昔ながらの松前漬けを手作りすることで、日々の健康をサポートする発酵食品を取り入れられます。
市販のもののように添加物が入っていないのもうれしいですね。

そんな松前漬けを作ってみよう、という講座が全国で開催!
松前漬けのおいしさの秘訣は、「イカ」と「昆布」の質。

今回は、北海道から直送の厳選素材で、最高の松前漬けを仕込んでいただけます!

[特別講座]
★NEW★【全国発酵縦断】北海道の郷土料理・松前漬け講座

試食付き

北海道のお土産ランキングでも人気の高い漬物「松前漬」は全国で沢山の方々に親しまれています。

その名の通り、松前藩が発祥といわれ、地元で獲れた食材を使って作られていました。
主な食材は乾燥させたスルメイカと昆布で漁師の家庭で冬の保存食として広まったとされています。
ニシン漁が栄えた江戸時代後期から明治時代、大量にとれたニシンの卵の数の子が使われるようになりましたが、
現在は数の子の価格も上がり今では高級品として扱われています。

今回の講座では、北海道でも貴重な食材を使って、
無添加で甘み控えめオリジナルレシピで美味しい松前漬けを作る実習を行います。

ご飯のお供やお酒のツマミにピッタリの松前漬けを是非、ご一緒に作りましょう!


〈各校のお申込み〉
●北海道支部札幌校

https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10716

●東京支部上石神井校

https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10726

●静岡支部浜松校

https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10729

●愛知支部名古屋校

https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10725

●中部支部広島校

https://hakkolife.com/page-seminar_detail?seminar_id=10728

 


発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会 WEBサイト管理者

発酵ライフ推進協会WEBサイト管理者