【開催報告】日東醸造の白醤油講座

投稿日:2019.11.21 カテゴリー:発酵コラム 開催報告

名古屋校KAKOです。

愛知県碧南市にある「日東醸造㈱」さんの麹を特別に分けていただき、(おそらく)発酵ライフ推進協会でしか開催していない「白醤油」講座を開催しました!

◆白醤油って?

白醤油は全国でも約1%しか作られていない希少な醤油。愛知県碧南市で生まれました。淡口醤油よりさらに色がつかないため、色味を重視したい料理にピッタリなお醤油です。

写真はお醤油の分類の原材料比率を見える化したもの。白醤油は小麦と大豆の割合が「9:1」(一番右のペットボトル)。小麦が多いと甘くて白いお醤油になるんです。

 

◆白醤油を仕込む

「そもそも醤油とは何か?」「白醤油はどんな特徴があるの?」ってことを学んだあと、実際に白醤油を仕込んでいきます。

塩を水に溶かすのが、案外大変(笑)。でも、ここが大事なポイント!

白醤油は濃口醤油と違って、お手入れ簡単♪しかも、3ヶ月でできるから嬉しい。

 

【講座を受けた方へ今後のスケジュール】

11/21(木)仕込み当日

11/28(木)ラップで空気を遮断

12/28(土)水おもしでさらに空気を遮断

2/28(金)引き分け

 

大事に育ててくださいね。

 

◆みんなで白醤油ランチ

【本日のランチメニュー】

・きのこたっぷり白醤油炊き込みご飯
・白醤油漬け秋鮭のオーブン焼き
・蒸し野菜のベジバーニャカウダ
・秋じゃがでマスタードと白醤油粕のつぶつぶ和え

料理のポイントメモ♪

<きのこたっぷり白醤油炊き込みご飯>
「白米1合に白醤油大さじ1」を基本として、お好みで。(今回は白米6合に大さじ7使用)
→忙しい時に、冷凍キノコですぐできる!

<白醤油漬け秋鮭のオーブン焼き>
白醤油:みりんを1:1の割合で鮭(塩味がついていないもの)を2日漬けて、オーブンで焼く。
→みりんを入れるとパリッとツヤっと焼ける。

※来月はみりん風調味料講座やります。 12/18(水)10:30~12:30 みりん風調味料講座>>

<蒸し野菜のベジバーニャカウダ>
白醤油粕:オリーブオイルを1:1~1.5の割合+ニンニクひとかけをミキサーにかける。
→ハーブを加えても◎アンチョビが苦手にもおススメ

<秋じゃがでマスタードと白醤油粕のつぶつぶ和え>
白醤油粕:粒マスタードを1:1の割合で和え、茹でたじゃがいもに和える。
→ローズマリーを加えても◎

 

◆参加者の感想

「発酵について興味がますます興味がわきました。」
「先生の発酵愛を感じてとても楽しかったです。」
「質問しやすい雰囲気で、楽しく学べました。ランチもおいしかったです!」
「醤油について詳しく学べました!」  などなど。

ありがとうございます(*´▽`*)

愛知県で生まれた白醤油、全国に発信していきましょう!

 

また名古屋校でお待ちしています!

 

名古屋校の講座一覧はこちら>>


暮らしの発酵コンシェルジュ KAKO

暮らしの発酵コンシェルジュ KAKO

発酵ライフ推進協会 名古屋校の講座プランナー兼認定講師。フリーペーパー「暮らしの発酵通信」のライターもしています。大好きな言葉は「微生物と響きあえば、人も社会も発酵する」by 寺田本家23代目当主 故寺田啓介さん

top▲